Blog

白折(茎茶)について


お分けできるお茶について説明して行こうと思います。まずはなかなか馴染みのないお茶、白折。

茎の部分を集めて作られているお茶で、茎の部分の独特な香りと甘みが特徴です。

茎には渋み成分であるカテキンが少なく、うま味成分は多く含んでいます。

ただ、白折はピンからキリまであるお茶です。

一番茶(新茶。4〜5月に摘まれる、みずみずしいお茶)の茎であっても…

夏の摘まれた三番茶や秋冬番茶のかたい茎であっても…

どちらも白折です。

お茶の袋を開けて見比べたらわかりますが…。そんなことなかなかしませんよね(^_^;)

価格が違うのでそこで見極めるしかないのです。価格の分、味が全然違います。

高級な白折は雁が音と呼ばれることもあります。雁がいつも止まる枝からその名前がついたのだとか。風流ですね。


実は恥ずかしながら、日本茶インストラクターになるまで美味しくない白折しか飲んだことがなく良いイメージが全くありませんでした。


ただ、八女にて白折を飲ませてもらったところ、おいしさに開眼!個人的に甘さをじっくり感じられるお茶が好きなので、しばらく白折ばかりを楽しむ生活を送ったのを思い出しました。

テイスティングの講座に参加された方からも「私これ好き!」と言われることが多いお茶です。


私が惚れこんでいる、八女の白折をあなたにも味わっていただけたら嬉しいです(^_^)♪


Featured Posts
Posts are coming soon
Stay tuned...
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon